スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「電子書籍の衝撃」読了

佐々木俊尚さんの「電子書籍の衝撃」を読了。とても面白くて分かりやすく、なんといってもワクワクする本でした。未来はワクワク感から生まれるんだなと確信しました。

電子書籍の衝撃 (ディスカヴァー携書)電子書籍の衝撃 (ディスカヴァー携書)
(2010/04/15)
佐々木 俊尚

商品詳細を見る


音楽のアンビエント化(P.46)のところで、佐々木さんはブライアン・イーノを取り上げていましたが、
僕としてはKLFの「CHILL OUT」のほうがよりアンビエントを実感しやすいのではないかと思いました。
Chill OutChill Out
(1993/04/08)
KLF

商品詳細を見る

また、音楽のフラット化のところでニコニコ動画の吉幾三などのマッシュアップものなどを入れて考えると、
より「サウンド」がつかみ易くなるんじゃないかと思いました。


日本では「サウンド」の部分をつかめていないというか体感していない人が多いと思います。
「サウンド」が分かっていればこっちのほうがいいよねと思う人がもっと増えると思います。

むしろ日本では電子書籍のほうが先に「サウンド」を作り上げ、
音楽業界のほうがそれに追随する形になるかもしれないなと思いました。

それにしてもこんなに興奮した本は久しぶりです。
佐々木俊尚さんの今後の活躍をお祈りしております。

テーマ : 書評
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

外神田守

Author:外神田守
東浩紀さんと秋葉原と野球とストリーミング生放送と演劇と読書が大好きです。日本橋も好きです。

コーナー
京都
読書の秋
高円寺阿波おどり
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ツイッター
検索フォーム
RSSリンクの表示
Googleに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
ブックマーク(ブログ全体)
Special Thanks to フロアコーティング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。