スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

養老孟司さんの「バカの壁」はまさに立て板に水の論理構成。だからこそ「わかったつもり」にならず、じっくり何度も味わいたいと思います

養老孟司さんの「バカの壁」を読みました。
バカの壁 (新潮新書)バカの壁 (新潮新書)
(2003/04/10)
養老 孟司

商品詳細を見る

この「バカの壁」は言葉としても流行して、いわば一大ムーブメントになりました。
だから逆にほとぼりが冷めるまで待って、今になってようやく読んでみたのですが、
やはり名著といわれるだけあって面白かったです。

第四章の「万物流転、情報不変」で、
『平家物語』と『方丈記』を例に上げて、
情報と人間のあいだに、変わるものと変わらないものとの逆転が起こっていて、
それに気づいている人が非常に少ないと指摘している点や、

第五章の「無意識・身体・共同体」で、
人生の意味は自分だけで完結するものではなく、常に周囲の人、社会の関係から生まれる。
人生の意味について考えていくことが、個人にとっても共同体にとっても、
非常に必要なことなのではないか
と、理想の共同体について考えることが人生の意味を作るということを説いており、

また、都市化した現代人が
意識の世界に完全に浸りきってしまうことによって無意識の重要性を
忘れていると唱えているところに
なるほどと思いました。

この本の主旨は194ページの、

「あんたが100%、正しいと思ったって、
寝ている間の自分の意見はそこに入っていないんだろう。
三分の一は違うかもしれないだろう。67%だよ。
しかし人間、間違えるということを考慮に入れれば、
自分が100%正しいと思っていたって50%は間違っている」
ということです。

バカの壁というのは、ある種、一元論に起因するという面があるわけです。
バカにとっては、壁の内側だけが世界で、向こう側が見えない。
向こう側が存在しているということすら分かっていなかったりする。

に凝縮されていると思います。

養老孟司さんはとても説明が上手で、
モンテーニュのコモンセンスにしても、ソシュールのシニフィアンとシニフィエにしても
簡単に説明してくれるので、スラスラ読めてしまうのですが、
これを読んで終わりとしてしまうのではなく、
この本の内容をしっかりと噛みしめて、
今後の人生を生きていきたい、
また、ことあるごとに読み返したい
と思いました。

読書メモ(ISIS本座)
スポンサーサイト

テーマ : 書評
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

外神田守

Author:外神田守
東浩紀さんと秋葉原と野球とストリーミング生放送と演劇と読書が大好きです。日本橋も好きです。

コーナー
京都
読書の秋
高円寺阿波おどり
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ツイッター
検索フォーム
RSSリンクの表示
Googleに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
ブックマーク(ブログ全体)
Special Thanks to フロアコーティング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。