スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山崎ナオコーラさんの「人のセックスを笑うな」を読了

山崎ナオコーラさんの「人のセックスを笑うな」を読了しました。

人のセックスを笑うな (河出文庫)人のセックスを笑うな (河出文庫)
(2006/10/05)
山崎 ナオコーラ

商品詳細を見る

サクサク読める作品です。しかし、この作品、なかなか奥が深いです。
奇抜なタイトルと作者名にして、素朴な恋愛を繊細なタッチで描いています。

実は僕はこの本を1回目に読んだときに、タイトルの意味が分かりませんでした。
それが2回目の途中あたりで分かって、なぜ今までこの本を読まなかったのかと
1回目で分からなかったのかが分かりびっくりしました。
僕の恋愛に対する考え方が主人公と似ていたからです。

つまり自分も恋愛下手で「人のセックスを笑うな」と思っていたから
痛いところを突かれていたわけです。
しかもそのことに自分で気づいていませんでした。
ひょっとしてこの本を読んでいなかったら、
このことに僕は一生気づかないままだったかもしれません。

でもこの作品は、それでも恋愛っていいよねってことを言ってくれてて
凄く救われた気がしました。
何気ない恋愛を繊細な表現で綴ったこの小説にはとてもあたたかみがあり
何度も味わいたくなる本です。
スポンサーサイト

テーマ : 書評
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

外神田守

Author:外神田守
東浩紀さんと秋葉原と野球とストリーミング生放送と演劇と読書が大好きです。日本橋も好きです。

コーナー
京都
読書の秋
高円寺阿波おどり
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ツイッター
検索フォーム
RSSリンクの表示
Googleに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
ブックマーク(ブログ全体)
Special Thanks to フロアコーティング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。