スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「高円寺阿波おどり」をちゃんと楽しむにはどうしたらよいのか

今年も、8月の28日(土)、29日(日)に
高円寺阿波おどり」が行われました。
この「高円寺阿波おどり」ですが、
来場者数が2日間で120万人にもなるそうです。

でも、冷静に考えてみて、高円寺という街に
1日に60万人も入り切るのだろうか
という疑問が沸いてきます。
高円寺の中央通りとパル商店街、ルック商店街、
純情商店街などに60万人ってのは
きつすぎると思います。

高円寺阿波踊り06
パル商店街は始まるとこんな感じになります。

高円寺阿波踊り07
ルック商店街も今年はかなり人がごった返していました。

はっきり言って60万人のうち、
ちゃんと阿波おどりを見られている人が
何万人いるのかというのははなはだ疑問です。

高円寺で阿波踊りってやってるらしいから
見にいってみよっかみたいな感覚で来ると、
警察の人に
「ただいま一方通行になっております」
と誘導されるがままに歩かされ、
踊りを見られないまま高円寺を
ただグルっと一周まわってきて
しまうというパターンに陥りかねません。

なぜ、このようなことがおこるのかというと、
この「高円寺阿波踊り」は
場所取りの仕方が不明瞭
(ルール化されていない)
ということに問題があると思います。

高円寺阿波踊り01 高円寺阿波踊り00
こんな感じでガムテープで場所を取っているのです。

高円寺阿波踊り03
しかも道路のところには前日から縁石にガムテープで
場所をとっています。
警察も注意をするだけで、特に取り締まったりはしません。

高円寺阿波踊り04
17:15からは交通規制がしかれて
道路の縁石にガムテープで場所を取っていた人たちは、
一斉に道路に場所をとります。
でもって、なぜかこの人達には
ゴザが配られたりするのです。

高円寺阿波踊り02
僕は16時くらいに歩道にビニールシートで場所取りをしていましたが、
歩道は祭りがはじまると後ろに3列も4列も人ができて
トイレにいくことすらままなりません。

高円寺阿波踊り05
ギュウギュウな中、
なんとかを楽しむことはできましたが、

この「高円寺阿波踊り」、
場所取りの仕方というかそういったところをきちんとしないと
「二度と高円寺になんか来るもんか」
と思う人もいるんじゃないでしょうか。
また、パル商店街とかはほんとにギュウギュウなので
今後、事故とか起こり兼ねないかもしれません。

ことしはドイツのラブパレードで悲惨な事件もありましたし、
そのようなことがないように
「高円寺阿波踊り」は運営のあり方について考えなければ
ならないところにきていると思いました。




スポンサーサイト
プロフィール

外神田守

Author:外神田守
東浩紀さんと秋葉原と野球とストリーミング生放送と演劇と読書が大好きです。日本橋も好きです。

コーナー
京都
読書の秋
高円寺阿波おどり
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ツイッター
検索フォーム
RSSリンクの表示
Googleに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
ブックマーク(ブログ全体)
Special Thanks to フロアコーティング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。