スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

養老孟司さんの「バカの壁」はまさに立て板に水の論理構成。だからこそ「わかったつもり」にならず、じっくり何度も味わいたいと思います

養老孟司さんの「バカの壁」を読みました。
バカの壁 (新潮新書)バカの壁 (新潮新書)
(2003/04/10)
養老 孟司

商品詳細を見る

この「バカの壁」は言葉としても流行して、いわば一大ムーブメントになりました。
だから逆にほとぼりが冷めるまで待って、今になってようやく読んでみたのですが、
やはり名著といわれるだけあって面白かったです。

第四章の「万物流転、情報不変」で、
『平家物語』と『方丈記』を例に上げて、
情報と人間のあいだに、変わるものと変わらないものとの逆転が起こっていて、
それに気づいている人が非常に少ないと指摘している点や、

第五章の「無意識・身体・共同体」で、
人生の意味は自分だけで完結するものではなく、常に周囲の人、社会の関係から生まれる。
人生の意味について考えていくことが、個人にとっても共同体にとっても、
非常に必要なことなのではないか
と、理想の共同体について考えることが人生の意味を作るということを説いており、

また、都市化した現代人が
意識の世界に完全に浸りきってしまうことによって無意識の重要性を
忘れていると唱えているところに
なるほどと思いました。

この本の主旨は194ページの、

「あんたが100%、正しいと思ったって、
寝ている間の自分の意見はそこに入っていないんだろう。
三分の一は違うかもしれないだろう。67%だよ。
しかし人間、間違えるということを考慮に入れれば、
自分が100%正しいと思っていたって50%は間違っている」
ということです。

バカの壁というのは、ある種、一元論に起因するという面があるわけです。
バカにとっては、壁の内側だけが世界で、向こう側が見えない。
向こう側が存在しているということすら分かっていなかったりする。

に凝縮されていると思います。

養老孟司さんはとても説明が上手で、
モンテーニュのコモンセンスにしても、ソシュールのシニフィアンとシニフィエにしても
簡単に説明してくれるので、スラスラ読めてしまうのですが、
これを読んで終わりとしてしまうのではなく、
この本の内容をしっかりと噛みしめて、
今後の人生を生きていきたい、
また、ことあるごとに読み返したい
と思いました。

読書メモ(ISIS本座)
スポンサーサイト

テーマ : 書評
ジャンル : 本・雑誌

松岡正剛さんの「多読術」は、情報とは何か、知とは何かを解いた哲学書でした

松岡正剛さんの「多読術」を読みました。

多読術 (ちくまプリマー新書)多読術 (ちくまプリマー新書)
(2009/04/08)
松岡 正剛

商品詳細を見る

松岡正剛さんを情熱大陸で見てカッコいい人だなあと思って、
大手町の丸善の「松丸本舗」に行って面白いなあと思い、
松岡さんの本を読んでみようと思ってこの本を読みました。

松岡さんの生い立ちと読書体験に始まり、松岡さんの読書術に入っていくのですが、
「読書は書いてあることと自分が感じることが『まざる』こと」、
「読書は著者と読者のコラボレーション」と、
僕がこれまで思っていた『読書』という行為を根底から覆す内容で面白かったです。

第六章のキーブックを作るでは「多読術」の核心に触れ、
1.読書は、現状の混乱している思考や表現の流れを整えてくれる
2.そもそも思考や表現の本質は「アナロジー」であり、「連想」である
すべての思索も論理も表現も行動も、「アルス・コンビナトリア」
3.僕の元気が出てくる厳選源泉や領域は、「曖昧な部分」や「きわどい領域」や「余分なところ」 だと確信している
「負の想像力」や「フラジャイルな観察力」
と言っています。

この「負の想像力」や「フラジャイルな観察力」について
複雑系では「カオスの淵」で「新しいオーダー(秩序)」が生まれている。それはいいかえれば「新たな意味の発生」。
「曖昧な部分」や「きわどい領域」や「余分なところ」にこそ何かのオーダーが発生している
感覚的なことにあてあめて言うと「せつない」とか「残念」とか「失望感」とか「気持ちがいっぱい」とかにあてはまる。
つまり、ふつうは「負」の部分とか「際」の状態だと思われているところに、意味が創発してくる。
と述べているところが面白かったです。

第七章の読書の未来では、松岡さんが使っているツール類に触れ、
また、デジタル情報世界の懸念点についても述べています。

いまや、どんな知識も「コーパス」(自然言語の文書を大量に集めたもの)としてデジタル情報になるが、
それを入れておくしくみを外に見せることと、
そこに行くルートに多様性と連想性が発揮されることが
組み合わされていない。
「知」には必ずアドレスがあり、「場所」があり、つまりは「来し方・行く末」がある。
という意見にはなるほど、とおもいました。

読書は「ナイーブ」で「フラジャイル」なもの、
「読書は他者との交際なのです」と、
すっかり松岡さんの世界に攫われました。

読書メモ(ISIS本座)

テーマ : 最近読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

東浩紀さんの「動物化するポストモダン」を読了

東浩紀さんの「動物化するポストモダン」を読了しました。

動物化するポストモダン オタクから見た日本社会 (講談社現代新書)動物化するポストモダン オタクから見た日本社会 (講談社現代新書)
(2001/11/20)
東 浩紀

商品詳細を見る

「動物化するポストモダン」は出たときに読んだのですが、その時は難しくて全然ワカンナイや、って思ってたのが、今読むと、こういうことか、ってすんなり入ってきます。「ニコニコ動画」と「ツイッター」のおかげによるところが大きいと思います。

当時は二次創作とかシュミラークルとかよくわからなかったのですが今はよく分かります。
ツイッターまではニコニコ動画とかで作詞作曲ができたり上手な絵が描けたりする人しか二次創作が出来なかったのが、今は○○なうと言うだけで、自分(の生活)を使って二次創作(キャラクター化)できてしまうようになったからです。なんだ僕が今ツイッターでやってることじゃん、って。

東さんは1989年くらいから近代からポストモダンに移行したとおっしゃってますが、僕が思うには、1989年から今年くらいまではポストモダン移行期で、これからがホントのポストモダン期なんじゃないかと思います。

それにしても東さんは、自分にツイートしてくる人をほとんど覚えてるそうで、この前のUstでもTLでも僕のツイートを見たときに、「あ~外神田ね」と言ってくれて、とっても嬉しくなっちゃいました(´∀`)

テーマ : 書評
ジャンル : 本・雑誌

山崎ナオコーラさんの「人のセックスを笑うな」を読了

山崎ナオコーラさんの「人のセックスを笑うな」を読了しました。

人のセックスを笑うな (河出文庫)人のセックスを笑うな (河出文庫)
(2006/10/05)
山崎 ナオコーラ

商品詳細を見る

サクサク読める作品です。しかし、この作品、なかなか奥が深いです。
奇抜なタイトルと作者名にして、素朴な恋愛を繊細なタッチで描いています。

実は僕はこの本を1回目に読んだときに、タイトルの意味が分かりませんでした。
それが2回目の途中あたりで分かって、なぜ今までこの本を読まなかったのかと
1回目で分からなかったのかが分かりびっくりしました。
僕の恋愛に対する考え方が主人公と似ていたからです。

つまり自分も恋愛下手で「人のセックスを笑うな」と思っていたから
痛いところを突かれていたわけです。
しかもそのことに自分で気づいていませんでした。
ひょっとしてこの本を読んでいなかったら、
このことに僕は一生気づかないままだったかもしれません。

でもこの作品は、それでも恋愛っていいよねってことを言ってくれてて
凄く救われた気がしました。
何気ない恋愛を繊細な表現で綴ったこの小説にはとてもあたたかみがあり
何度も味わいたくなる本です。

テーマ : 書評
ジャンル : 本・雑誌

「電子書籍の衝撃」読了

佐々木俊尚さんの「電子書籍の衝撃」を読了。とても面白くて分かりやすく、なんといってもワクワクする本でした。未来はワクワク感から生まれるんだなと確信しました。

電子書籍の衝撃 (ディスカヴァー携書)電子書籍の衝撃 (ディスカヴァー携書)
(2010/04/15)
佐々木 俊尚

商品詳細を見る


音楽のアンビエント化(P.46)のところで、佐々木さんはブライアン・イーノを取り上げていましたが、
僕としてはKLFの「CHILL OUT」のほうがよりアンビエントを実感しやすいのではないかと思いました。
Chill OutChill Out
(1993/04/08)
KLF

商品詳細を見る

また、音楽のフラット化のところでニコニコ動画の吉幾三などのマッシュアップものなどを入れて考えると、
より「サウンド」がつかみ易くなるんじゃないかと思いました。


日本では「サウンド」の部分をつかめていないというか体感していない人が多いと思います。
「サウンド」が分かっていればこっちのほうがいいよねと思う人がもっと増えると思います。

むしろ日本では電子書籍のほうが先に「サウンド」を作り上げ、
音楽業界のほうがそれに追随する形になるかもしれないなと思いました。

それにしてもこんなに興奮した本は久しぶりです。
佐々木俊尚さんの今後の活躍をお祈りしております。

テーマ : 書評
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

外神田守

Author:外神田守
東浩紀さんと秋葉原と野球とストリーミング生放送と演劇と読書が大好きです。日本橋も好きです。

コーナー
京都
読書の秋
高円寺阿波おどり
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ツイッター
検索フォーム
RSSリンクの表示
Googleに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
ブックマーク(ブログ全体)
Special Thanks to フロアコーティング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。